カテゴリー「おりがみのさく(庭と畑)」の80件の記事

2011/07/22

今日の白玉農園(7)

久々に畑の近況。台風6号で数日畑に行けなかった間に・・・・

110721_190449

キュウリがなってます。これはまだ小さいから放置だけど、

110721_185851
巨大化したのを含め、今日はこれだけ収穫が♪

そして6/6にちっちゃかったキュウリの苗は:

110721_190330

すでに一株でわっさわさになってます!

また、今日は雨上がりで土に十分水分があるので、

110721_190212

キュウリのすぐ後ろのウネにニンジンをまきました。

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/15

楽しき農夫は稲刈り?麦刈り?

毎月先生と次月予定(平日午前)をすりあわせておいても、
先生かわたしに急用が入ってレッスンが受けられない週も
少なくない「大人のピアノ」。前回分もキャンセルだったので
久しぶり(何と、なか二十日!)のレッスンでありました。
例によって【 】は先生のご指導やお話を、自分なりに記録。


ハノン #4(二周目)一応マル。

家で電子ピアノの軽いキータッチに慣れてしまうと、
アコースティックピアノの鍵盤がおそろしく重く感じる。
ハノンのように弾き慣れた曲でも、先生のグランドで
数小節同じように弾くと、指も腕も背筋も痛く、くたくたに。
ピアノもちゃんと打楽器だったんだ、と痛感する瞬間。

防音の問題があるけど、生ピアノ、家に欲しいなぁ・・・・

さて今回は「左手だけで」弾き直しの指示。ハノンをさぼると
薬指、小指の音が一気に弱くなる。日々これ訓練だなー。


バイエル本で#105の次にあるシューマン「楽しき農夫」

だいぶリズミカルに弾けるようにはなってきたが、
先生が不意打ちのように【さぁ稲刈り!】と一言。
???いや、さすがに白玉家では稲は作ってないです・・・
「え、誰がですか?」と反射的にわたしが訊くと
【曲の中の農夫です。収穫に行くわくわく感をもっと出して】
先生、シューマンのお国では麦刈りだったんじゃ・・・
というツッコミは、オトナなので心の中でもみ消した(笑)

【左手のメロディーはのびやかに響かせる。右手和音や
「チャッ、チャッ」と入る合の手的な部分はひかえめに、
でも八分休符やスタッカートだから軽やかに、添える】

【11,16小節、左手主旋律も右手と一緒にスタッカート】

【13,19小節で右手和音が増減する部分、音数が増えても
音量は変えず、メロディーの引き立て役に徹すること】

【・・・うーん、あと一回だけ練習してきてください】


8月の発表会で弾く、バッハ「プレリュード」

こちらもやっと両手が流れを覚えてきたところ。今回は

【試しに全部の音をメゾフォルテで弾いてみましょう。
テンポを一定に、ハノンのようにどの音も粒を揃えること。
弾いたつもりで音が抜けたり、一音だけ飛び出さないよう】

だんだん遅くなったり、小指の音だけ目立ったり、を修正。
それから先生のご指示で小節ごとに表情をつけながら、
ややアップテンポで通して弾く、ことにも挑戦。

「この部分は明るく、光をイメージしてのびやかに」
「すぐ次の小節は影。粒を揃えて、でもひかえめに」
地味な曲ながら、途中けっこう雰囲気が入れ替わるらしい。
弾きながら暗記するのはまだ難しいが、先生が毎回毎回
やってくださるので、少しずつ曲全体の流れを覚えねば。

家でも「ハノン風に粒をそろえる」練習と、表情をつけての
弾き込みの両方を、交互にやってみることにします、ハイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/06

白玉ダンナのDIY(4)

家の中だけでなく、彼は畑の便利グッズ?も作っちゃいます。
**************************
「白玉ダンナのDIY」シリーズの他の作品は、カテゴリ
「おりがみのいろ(設備の使用感)」をご覧ください。
**************************

でもその前に。写真初公開!白玉家で借りてる畑の近況を。

110605_120709

左の一株はキュウリ、右の二株はナス。
キュウリの向こうのウネにはトマトとミニトマトが一株ずつ。
自家用なのをいいことに、少ない株をのびのび植えてます。

110605_114519

中央通路はレンタル耕耘機が通過できる幅。手前をよく見ると
キュウリの脇にインゲンの双葉が三株(同じネットを使う)、
ナスの足下には、自宅庭で冬越しした小さなパセリ数株が。

写真奥の白いネットトンネルの中はキャベツとサンチュです。
無農薬に近いため、アオムシがつきにくいよう育てます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからが白玉ダンナの作品というか道具というか。

110605_122056

畑自体は平らだけど林の中の丘に段々になっていて、
車路も傾斜があり、雨上がりには側溝に水量が増えます。
これを苗への水まきに使えるように、ホームセンターで
くし形に加工してもらった金属に板とゴムをつけたコレを
上流の側溝に置いてせき止めます。ホースも着脱可能。

この写真を撮った位置で回れ右すると・・・

110605_122218

側溝の先に白玉家の区画が見えますか?積んだ肥料や
物置プラスチックコンテナの近くまでホースが延び・・・

110605_122431

地面に固定したホースリールに通常と逆向きに水を通し、
中央の青いホースから左下がりの土手に水を落として・・・

110605_122616

最後にポリタンクで水をためて、水まきジョウロに移します。

この貸し農園は坂の上下とも水道までかなり距離があるので
何度も往復する手間が省けて、コレ、非常に!助かってます。

この日も8リットルのカエル型ジョウロに何回も水を満たして
ひとウネずつ水やり、無事完了。土だけに見えるウネにも
葉もの野菜や大根、ツルナシインゲンなどを蒔いてあるので
みんな元気に育ってくれるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/17

名札のなかったフクロナデシコ

昨年の秋に花壇を片付けた時、同じ種がたくさん見つかったので
採種した。なんだろう?と数個を秋に発芽させて、育てていた。

冬の間葉っぱだけだったこの子たちが、今満開になっている。

110517_114518

アップだとこう。ピンクの五弁花で、ガクが袋状なのが特長。

110517_114635

で、花の名前もやっと判明。「フクロナデシコ」なのだそうだ。

10号(直径30cm)の浅い鉢形コンテナ(植木鉢)にたった四株で
これだけこんもり♪来春も、花壇でのレギュラー化決定だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/06

巣ごもり連休に夏支度

関東では曇りがち=日射しが弱く雨も少なく、快適な連休です。

今年の白玉家ではGWに家族で遠出とかせず、いつもの日曜日が
連続しているような、目新しからぬ過ごし方で一同在宅中。

白玉ダンナがリビングのオープンサッシ外にすだれを吊ってくれた。

110506_070156

レースのカーテンだけでは風に揺れ、ときに室内丸見えだったので
これで真夏の真昼の網戸生活も道路から見られず、快適になる♪

わたしも植木鉢のパンジー・ビオラを撤去して、夏花壇を準備。
連休にのんびり夫婦で外仕事、庭付き一戸建ての醍醐味かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/20

コストコで球根ゲット

某所でPCが多忙だった(笑)ため、久々の更新です。

そろそろ春の園芸シーズン。
去年の8月から種を育てたパンジー・ビオラがピークを過ぎたので、
これからつくる初夏の鉢植えをどうしようか検討し・・・・

迷っているうちに先週末、白玉ダンナとクルマでコストコ川崎倉庫店
久々の大箱系買い出しに行くことになった。

店内は、地震で休業中のコストコ多摩境倉庫店と同じ品揃え。
通路の配置が左右対称だったけど、いつもの消耗品はすぐ発見。
店内とカフェテリアゾーンに、妙に親子連れが多い印象だった。

で、そのコストコで初めて買ってみたのが、オランダ産球根お徳用紙袋。

110420_092325

どれも確か1900円くらいの均一価格だったと思う。いろいろあったけど
左から「ブローディアMix」球根65個、「グラジオラスBlend」球根50個、
「ホスタ(=ギボウシ)Mix」12根(丸い球根じゃないから単位は"Roots")。

球根は英語で"Bulbs"(=球状部)。電球・眼球って意味もある単語だ。

ちなみに英語で mix は「質が一様になるが後で分け直せない混ぜかた」で、
blend は「それぞれが全体として調和する取り合わせ」と、似ているが
微妙にニュアンスが違うことが、辞書で判った。

とにかく、ギボウシは鉢植えにして家の裏側やバスルームの箱庭に。
ブローディアは涼しげなブルー系(園芸の世界の青=青紫色のこと)を
活かして、隣家との境の細長プランターの夏の彩りに。そして
グラジオラスは、前面道路側の花壇で通行の皆さんにみていただこう♪

畑に植える苗もだいぶ育ってきた。5月まで、白玉家でも農繁期に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/03

畑ライフが今年も始動

近所に借りてる75平米の菜園の、契約更新に行ってきた。
ニュータウンではない隣の自治体の山の中に、一軒建つのが
大家さんのお宅。昔ながらの農家だから田んぼや畑の間を
軽トラ幅のゆるい小径が、雑木林前の家まで登っていく。
かつて信州の農村で見た↓こんな風景。懐かしすぎる!

母屋のウラは雑木林、納屋の隣が大家さんの自家用菜園、
そして前庭の土手下は、敷地から直接入れるぶどう畑か梨畑。
(畑全体に高さ2、3mの、つるをはわせる棚が広がる)

会合でもあればクルマが十台は停められそうな土の前庭。

母屋と数m離れて違う角度で建つ、車庫兼用の昔の納屋。

コンクリ床・半透明波板ひさしの、広い軒下作業場。

母屋の入口に広ーい土間。角の柱をはさんでコの字型に
それを囲む出入り口は、幅一間の引戸がL字型に二組!ある。
(引戸の場所にはおそらく昔、障子がはまっていたはずだ)

「ごめんくださーい」とその引戸の片方を開けて入ると
石油ストーブであたためられた土間に一枚板の大テーブル
があり、大家さんご夫妻が夕方のテレビに見入っていた。
くすんだ色の割烹着に手ぬぐい姿の奥様は上がりかまちに、
シワまで日焼けしたごま塩頭のご主人は、大テーブルを
はさんで反対側の土間に置いたパイプ椅子に、座ってた。

「どうぞどうぞ」と招かれて、わたしも奥様の手前の
上がりかまちに腰を下ろし、契約書を書き賃料を渡す。
「白玉さんの名字って、この近くにも多いですよ?」
「いえ、ウチはよその地域から最近移ってきたもので」
などと世間話も交わしつつ。

「おかげさまで去年はネギ、ピーマン、ダイコンなど、
全く買わずにすんだ野菜も多かったです♪そういえば
この付近ではニンジンって、育ちにくくないですか?」
「あぁそういえばそうだねえ。夏の発芽期に畑にじかに
蒔いたあと、水を切らすとすぐ枯れちゃうからね」!

ともあれ、これでまた同じ区画を使わせていただける。
黒土が目立つウチの区画には、現在長ネギ、タマネギ、
コマツナ、白菜が植わり、掘ったダイコンは埋めて保管。
これらを収穫したらレンタル耕うん機で全体を耕し直し、
堆肥や石灰、肥料を混ぜて今年の畑を展開させる予定。

家でも「床暖房で苗づくり」の季節が来た。
さぁ次に晴れたら、春の園芸シーズンスタートだ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/23

タクアン水没事件

先日の関東地方の時ならぬ大雪(といっても20cm程度)で、
無防備だった庭の鉢植えの木が、何本か折れてしまった。
落葉樹はともかく、常緑樹に雪囲いや雪吊りが必要なわけが
やっと判りました!ケド、後の祭り(涙)

そして日陰の雪が消えるころ、さらなる被害が明らかに。
白玉ダンナが「ウラに置いといたタクアンの樽、水浸しだー」

そう、今年初めて挑戦した、自家製ダイコンでのタクアン漬け。
プラ製のよくある漬け樽に漬け込んで防水ビニールをかぶせて
あったのだけど、真上の軒から雪がドサリ!で外れたらしい。

漬け樽の中半分ほどまで雪解け水がたまり、ダイコンはその奥!
あわててダイコンを取り出し全部水洗い。漬け床も出して処分し
再度漬け直すことにしたが、上手く復旧できるだろうか?

110223_105652

というわけで今週乾燥し直しているダイコンたち。
なんとか腐敗はまぬがれたらしいし、干してみると
一応「タクアンに変身途中」に見えるかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/13

関東地方は雪の週末

降った、積もった、お湿りが来た♪

ということで、カラカラだった関東地方に一気に雪。
ここ数日で一気に数センチは積もったかな?

数時間ながらアスファルトの路面が白いままとなり、
庭のプランターも白く埋もれて、水分?を満喫中。
今朝は北側の軒からドサッと雪が落ちる音まで!
豪雪地帯ではあたりまえの音でも、ずいぶん久しぶりに
聞いた気がする。このまま寒の戻りか、春のきざしか?

こたつ大好きなこどもたちも今回ばかりは庭で雪遊び。
高さ50cmと小さいながら、芝生に雪だるままでこしらえて
びしょぬれになって遊んでた。中学生でもまだまだ子供♪

その後部屋で暖まってから、ふたりでデコチョコ作ってた。
「友チョコ」とやらで丸いかわいいのをどっさりこしらえ、
ラッピング。特定の男子宛になるのは、まだ何年か先?

一日数回水を入れ直す加湿器も、今日は減速運転中。
(ママお願い♪チョコに描くデコペン足りない、買ってきて!)
と、自転車で駅までおつかいの時だけちょっと冷えたけど、
ダイニングではおでんが煮えて、幸せな週末かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

関東地方は乾燥地方

他の地域の方には申し訳ないくらいおだやかな晴天が数週間
続いている、ここ関東地方。年が明けてから「お湿り」さえ
ほとんど無いため、空気も庭もカラッカラ。

昨年は五日に一度くらいで済んだプランターへの水やりも、
今年は三日に一度くらいのペースでやらないと。

というわけで、今朝は残り湯を庭に運んで、鉢にまいた。

使うのは持ち手つきのやわらかいプラスチック製タライ。

右の色形はウチには無いけど、見たことある方もいるのでは。
最近は雑貨店でもコレや類似品をよく見かけるけど、
けっこう便利。白玉家では庭での作業用と、室内での
洗濯物整理など用に、左の「シャロー(shallow:浅い)」
タイプの色違いを、何個か使っている。

で、バスルームでこれに残り湯を移して、玄関まで運ぶ。
目盛りによるとシャローは満杯で15リットル入るらしいが、
洗面器5,6杯で10から12リットルほどにして、そろり
そろりと廊下を歩く。両腕でふちの円形を保てば何とか
こぼさず運べるから、玄関の上がり口に「よいしょ」と
置いて自分はつっかけを履き、握り直してドアの外へ。
ウッドデッキに用意しといた6リットルジョーロに
ふちを細くして移せば水やりの準備完了。しゃばしゃば。
そしてジョーロがとタライが空になったらまた汲みに戻る。

今日は何往復したかしら。平行して洗濯機にも残り湯を
吸わせて二回転させたから、干し物と水やりが終わる
ころにはバスタブはカラ。ついでにバスタブもごしごし。

あたたかな午前中の、いい力仕事一式でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧