カテゴリー「おりがみのきず(新居の想定外)」の7件の記事

2009/01/12

意外な場所の壁紙選び

和室の掃除をしていて気がついた。

砂壁「風」のウチの壁紙はとても気に入っている。
けど、工務店に特に指示をしなかったので、
押し入れの中も同じ砂壁風に仕上げられていた。

つるつるした布団はいいけど、毛布が壁に引っかかるぅ(涙)

布団を収納したいなら、収納内部の壁紙選びにご用心!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

それでも出ちゃったタコ足配線

ひと壁に最低一個数間に一個はつけよコンセント口


新居のコンセントの位置決めについては直近記事の
「続・コンセント」をはじめ、何度も何度も書いてきた。

図面で何度も検討し、入居後もおおよそ満足しているのは
間違いないのだが、それでもやっぱり「しまった!」が出た。

二階ホールの階段室側の、幅一間の壁のところ。置くのは
本棚だけだし、他の壁にあちこちつけたから・・・と油断した。

上が勾配天井だった関係でつっぱり式の背高本棚は置けず
腰高本棚を、飾り棚兼用で設置してある。収納物は大型本と
写真立て数個。これだけなら問題なかったのだが、
上にスピーカーつきCDプレーヤーを置く事になって、
はじめてコンセントのつけ忘れに気がついた。

困った。

階段前か洗面台の足もとを横切らないと電源コードが
使えない。とりあえず洗面台の足もとを横断させて
延長コードをはわせたが、見栄えも悪いし水はねも心配。

白玉家にも家具に隠れて全く役に立っていないコンセントは
存在する。でも、必要なところにないと、やっぱり不便。

たとえ隠れる予定でも、つけときゃよかった、コンセント。


【2008/3/11増補】

このタコ足配線、実は週末に白玉ダンナが始末してしまった。

洗面台下の戸棚の両開き扉の下にうまくケーブルを固定し、
さらに本棚までの床の隅にも目立たないカバーをつけて、
本棚の裏からテーブルタップを出してあった。気づいたら。

をを、みごとにスッキリ!「DIYでお悩み解決」の見本みたい!

このCDプレーヤーは二階の中央にある。
だから音を出せば二階のどの部屋からも、よく聞こえる。

さすがにバルコニーでの干し物のときは無理だけど、
これからは二階の家事はBGMつき。楽しくなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/27

痛恨の3センチ

引っ越して以来こどもたちが積極的に外遊びするようになり
どろんこ汚れの洗濯も増えた。親としてはうれしい悲鳴。
ただし!こんなに毎日後悔するとは思っていなかった点が。
着工前にもっと真面目に考えれば良かった。シンクの高さ。

キッチン調理台の高さは日本で標準とされている85cm。
洗面室のINAXピアラも製品通りの高さに据えてもらった。
だけどどっちも改良で、シンクは大きく、深くなっている。
シンクの底に両手をついて力を入れると、低すぎるのだ。

食器洗い中、水を張ったタライの底のおはしを拾うとき。
洗面台で靴下や袖のどろ汚れを、洗濯板で落とすとき。
腰が垂直からほんの5度ほど前傾してしまう。そのまま
少し長く作業を続けると、微妙に腰が痛くなってしまう。

身長150cmのわたしがこうだから、165cmの白玉ダンナは
朝の洗顔のときなんか、もっと腰が不安定になっているかも。
週末のキッチンでまな板に向かうときも、腰を直立させたい
かも。水回りで前かがみにならないで済むのなら、ぜったい
そのほうが楽だと思う。ハワイのコンドミ(マンション)の
キッチンは、ヒールのつっかけが要るほど高さがあった。
95cmくらいかな?在住当時は高すぎる!と思っていたけど、
今考えると夫婦とも腰がまっすぐ使えて、とても楽だった。

そういえば、本でも読んだ。上田 康允さんのだ。


(成美堂出版、2005年)

なのにわたしたちは、この情報を、素通りしていた。

高すぎたら靴で調節すればいい。でも低すぎたら、対策は無い。

ああ、キッチンはあと3cm、洗面台もあと5cm、高さを
上げてもらっておけば良かったなぁ。5度の姿勢で日々痛感。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/28

室外機は目立つ

竣工前、カーテンや照明取り付けの件で「早めが肝心」という
記事を書いた。が、エアコンの室外機の位置も、先に検討して
おくべきだったと思う。今になって庭のプランに響くなんて!

まだ建物だけで丸裸状態の白玉家。あたたかくなるまでには
きちんと庭を工事して、植栽やポストや門柱も整えたいもの。
(こどもたちがお友達に家の場所を教えるのに「◯◯軒めの
殺風景な家だよ」と言ってるのが聞こえて、かなり落ち込んだ)
なので一社に絞った造園業者さんと毎週打合せをして、細部を
詰めている最中だ。カーポートは?土留めの施工方法は?
リビング前にウッドデッキをつなげたいんだけど?などなど。

で、この検討中のウッドデッキ。リビングのエアコン室外機が
リビング正面、オープンサッシ隣の外壁前にあって目立つので
何とかしたいのだけど、室外機をウッドデッキに載せてしまうと
騒音が近所迷惑になるほど出るし、見栄えがさらに悪化する。
じゃあどう避ける?デッキをそこだけ切り欠く形につくって
もらうか、室外機や隣接の外水道をずらしてデッキの陰に
なるよう配置しなおすか。または室外機をラティス等で隠す?

そもそもエアコンの取付け位置も、設計段階で機種を調べて
きちんと確保しておくべきだった。そうすればうちみたいに
家の正面に室外機がどん、なんて配置も避けられたはず。

家の外壁にも、ガスメーターや外水道、勝手口、換気口など
いろいろついてくる。着工前なら図面上で調整も可能なので
庭作りの検討も可能な限り注文住宅本体と一緒に、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/19

人感センサー照明

今回の新築で、室内の照明をいろいろ選んで取付けたが、
スイッチでオン/オフしてるのはリビングや居室の器具だけ。
玄関/トイレ/洗面室/着替え室などは一部スイッチ式
で使っていたけど、入居一ヶ月。結局ほとんどの器具を人感
センサー器具に、白玉ダンナが素人工事で、交換してしまった。

照明器具を一緒に選んだ工務店さんには申し訳ないが、
通路やユーティリティでは、センサー照明の方がずっと便利。
両手がふさがっているときも多いし、スイッチに手が届きにくい
場合もあるし、トイレではスイッチに触らないから清潔だ。
スイッチプレートの掃除も楽だし、階段では安全度が高まる。

予算とデザインの許す限り、居室以外の照明には人感
センサー機器の検討をおすすめする。激しい行き来をすると
点いたり消えたりが時にわずらわしいけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

結局長い動線の話

午後の陽を浴びて布団打つわが音は一七〇度の空にこだます

新居の想定外をまとめたカテゴリを「おりがみのきず」と
名付けたが、はたしてこの名称でよかったのか?
良い方へ?の想定外のひとつが去年4月に「長い長い動線の話」
で書いた、洗濯動線の件だ。設計施工に問題はなかったが
そこで家事するわたしの行動が、予想とだいぶ違ってしまったのだ。

二階を満艦飾にするのがどうにも抵抗があり1階の前庭に物干し台を
設ける予定だったが、実はまだ庭(外構)に手をつけていないため、
物干し台がない。なので結局隣近所と同じように、2階バルコニーに
洗濯物を運びあげて、日がな直射日光に当てて全部干している。

やってみるとこれが案外気持ち良く、やみつきになってしまった。
日当りの良い3部屋通しの南面バルコニーは、洗濯物一日分と
タオル/シーツ類、さらに子供部屋の窓際の日だまりも使えば
布団2−4枚が一気に干せる環境になる。それらを出す午前中の
窓から見下ろす景色、見上げたときの雲や風。ふとんを返す
平日昼間の街の静寂。前住マンションのバルコニーより幅は
ないけど、日照時間は圧倒的に長い。交通量の多いバス通り
ではなくなり、見下ろすと静かな住宅地。昼下がりに、干した
温かいふとんにもたれて下の6m道路を見下ろすひとときが
大好きになってしまった。

一階の布団を二階に上げるときの階段の往復も、家中を45歩も
歩いてベランダまで干し物を運ぶ手間も、バルコニーの幸せを
思えばそれほど負担じゃないと知った。(浴室)乾燥機を使わない
からガス代も浮く=環境にやさしい暮らしをしてるという満足感が
味わえるし、すべてをきちんと日光消毒できて安心だし・・・

アメリカ在住当時の「外に干すのは貧乏人」って思想の呪縛から
ようやく抜けられたような気がする。全部乾燥機って、よく考えると
国全体で地球温暖化に貢献しまくりって意味にもなるし。

・・・うーん、今の今まで、何を面倒くさがっていたんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

カーテンレールの張り出し分

あれだけ考えて設計を練ったはずなのに、入居してみると
どうしても「こんなはずでは・・・」な箇所が出るものらしい。
これから家を建てる人、買う人の参考になるかどうかはわから
ないけれど、白玉家の想定外をこのカテゴリに記録します。

****************************

縁側ってほどじゃないけど、和室の南側の板張りスペース。
一畳程度だが竹フローリングの床に、掃き出しのサッシ。
その天井に着脱式物干し「ホスクリーン」のSP型をつけて
もらった。半間の幅のちょうど中央に希望通りついたが、
サッシの側にカーテンが来ることを、すっかり忘れていて・・・

サッシの上にカーテンレールを壁付けし、通常のドレープ
カーテンを吊るすと、「引き渡しの午後」で述べたように、
けっこう手前に布がふくらんで、せまった感じになってくる。
その分を考慮しないで位置を決めたものだから、吊られた
物干し金具が、窓際にずれた印象になってしまった。
実際に洗濯物を吊るすのはこれからだけど、下手すると
ハンガーの肩も、カーテンに触れてしまうかもしれない。

あと5cmでも窓から離れた位置にしてもらえばよかった。
うちの場合和室側には建具をつけなかったから、室内に
洗濯物が張り出す分には支障なかったのだし・・・
くやしいのは、トイレの照明を決める際にはこの辺をちゃんと
考えて、座って膝元を照らす位置にずらしてもらったこと。
これを物干し金具のときに思い出していれば!

工務店でカーテンレールまでつけてもらう場合は設計時に
調整できる内容だ。施主支給で後付けの場合、要注意かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)