カテゴリー「新聞俳壇・新聞歌壇」の41件の記事

2012/10/09

読売俳壇・読売歌壇2012/10/8

俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
つい話しかけたき助手席の冬瓜(とうが)  酒田市 柴田 和子

【宇多喜代子選】
ボタン売る袋小路に風の秋  東京都 本多 明子

秋空の窓一杯にレストラン  東大阪市 池田 喜信

【正木ゆう子選】
満月のふくろうの声真上より  秦野市 高掘 道子

【小澤 實選】
月光の螺旋(らせん)階段降り来たる  日野市 木村 一平


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
帰省子がけふも来てゐる波止の釣り岬山かけて夏雲の湧く  三重県 山本十代保

【小池光選】
新しき時代は来るや黒船に模せる遊覧船が近づく  下田市 後藤 瑞義

【栗木京子選】
立ち上げしノートパソコンそのままに隣の人は車内に眠る  多摩市 秋元 玉江

【俵万智選】
お互いがバッター役の恋だからいつまでたっても打ち返せない  静岡市 望月 浩之

バラ撒かれた「キ」の字が浮力と引力の間(あわい)に浮いてるトンボとなって  交野市 遠藤 昭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/03

読売俳壇・読売歌壇2012/10/1

メロディーに埋もれリズムを忘れたる夏の遅れを取り戻す秋  白玉だんご


俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
アルミ缶選る炎天のホームレス  奈良県 杉橋 実

【宇多喜代子選】
秋深し名画の小さき耳飾り  朝来市 椿野よしなか

予定なきことも予定や鰯雲  香取市 嶋田 武夫

【正木ゆう子選】
墓洗ひせめる心も流しをり  伊勢崎市 川野 忠夫

【小澤 實選】
薬缶(やかん)ごと麦茶を冷やす昭和かな  奈良市 半沢 渓太


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
川下へなびきて青む葦原に白骨のごとく流木沈む  朝倉市 阿陪 良一

【小池光選】
内定の通知を待てる一週間 子饒舌(じょうぜつ)になる四日目あたり  仙台市 石川 初子

【栗木京子選】
来世も共に暮らそうと言う我に妻は無言で青みかん剝(む)く  京都市 辻 幸男

【俵万智選】
こおろぎがエレベーターに乗ってきて最上階で一緒に降りる  生駒市 宮田 修

そこの角まがる人みな足をとめゴーヤの尻を撫ぜていくなり  東京都 高橋 治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/28

読売俳壇・読売歌壇2012/8/27

ブログにもしばし夏休みをいただいておりました。
二学期?も引き続きよろしくどうぞ。

俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
水飲めばどっと噴き出る暑さかな  横浜市 田崎 稔

【宇多喜代子選】
青田なか道しろじろと伸びゆけり  宝塚市 宮田 武彦

【正木ゆう子選】
脱ぎたての蛇の衣やひんやりと  木更津市 徳田佳都子

炎天を割りゆらゆらとバス来たる  東京都 小暮喜代子

【小澤 實選】
花火師へ懐中電灯廻しけり  さいたま市 大石 誠


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
割竹の弓矢きりりと引きしぼり棚田のかかしたつ夕まぐれ  佐世保市 末竹 洋子

【小池光選】
あんだ家(がい)の梅酒甘くて子供だぢ飲むんだ飲兵衛になんねばいいが  岩手県 森沢 優雨

指先に心は住むと言いし人 石より冷たき手を持ちており  町田市 宮沢 洋子

【栗木京子選】
何事もなければ子供が自殺などする筈なしと何故疑はぬ  福津市 大庭 愛夫

【俵万智選】
それぞれの願いに触れず手を合わす厄年迎える娘と並ぶ  仙台市 石川 初子

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/08

読売俳壇・読売歌壇2012/8/6

カメラ小僧カメラを置きてテナー歌い休憩中は仲間を写す  白玉だんご


俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
茄子届き漬けて炒めて焼いて煮て  東大阪市 篠崎 友子

【宇多喜代子選】
荒梅雨や中野に地下鉄地上駅  東京都 小松 武治

ピアスしてイレズミをして日焼して  藤沢市 佐藤 允徳

【正木ゆう子選】
願うより謝して米寿の星まつり  船橋市 高橋 富美

【小澤 實選】
教室にとどくプールの騒ぎかな  横浜市 岡部 重喜


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
風評はまだ治まらず朝採りの筍売れず春すぎむとす  前橋市 船戸 菅男

【小池光選】
大腿に七本打たるボルト見て説明の医師大工に見える  相模原市 清水 恵二

【栗木京子選】
英雄のポーズを決める朝のヨガ 胸を開いてこころも開け  富山市 畠山 拓郎

特別な日ばかりつくる君の愛受けとめきれずお茶漬を食う  鴻巣市 加藤 健司

【俵万智選】
熟成の時を刻みてメールより長き旅して封書は届く  茨木市 瀬戸 順治

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/02

読売俳壇・読売歌壇2012/7/30

畑より掘り帰りたる青紫蘇の鉢の香りや夏休み朝  白玉だんご


俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
賞味期限なき自家製の梅酒かな  札幌市 江田 三峰

【宇多喜代子選】
青田風まだ新しき廃棄図書  松山市 和田新太郎

香水のまだ残る席ゆづられて  大津市 西村 洛葉

【正木ゆう子選】
鈴虫のわつと孵(かえ)りてゐたりけり  入間市 安達とよ子

【小澤 實選】
どつと汗噴いて会いたき人と会う  茨木市 瀬戸 順治


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
紙を折るかそかなる音やまずして独房つらなる獄はしずもる  仙台市 長岡 義宏

【小池光選】
ともかくも一塁上を駆け抜けよ生死のことは人にまかせて  東京都 久保田 仁

【栗木京子選】
夫婦茶碗でドイツの友に茶を出せば大きい方を奥方が取る  東京都 上田 国博

ネット会話進む世となり会う時は言葉少なく目礼ですむ  横浜市 坪沼 稔

【俵万智選】
雑用で終わるわたしの一日がドミノのように立ち並んでる  川口市 佐藤よう子

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/24

読売俳壇・読売歌壇2012/7/23

俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
山小屋にリュックそのまま御来光  秩父市 中島由美子

【宇多喜代子選】
万緑や首より歩み出す麒麟(きりん)  東京都 酒井 努

万緑の中や水力発電所  明石市 浜口ひろこ

【正木ゆう子選】
麦藁(わら)のひとたば欲しき匂ひかな  横浜市 津田 寿

【小澤 實選】
立呑みのグラス分厚し冷し酒  東京都 東海林幸次


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
これがまあ嘗(かつ)てにくみて戦ひし国の選手かと思はずみつむ  茅ヶ崎市 関 広範

【小池光選】
朝入れ歯きっちりつけて一日がまるで制服纏(まと)ったようだ  吹田市 河西寿真江

【栗木京子選】
少しだけ硬くなりたる爪切れば二ミリの過去の飛んでゆきたり  佐世保市 北御門美雪

子と話し孫と遊んでうさも晴れ無口な夫の元へと帰る  京都市 竹内恵美子

【俵万智選】
石鹸(せっけん)を投げた夕暮れあっけないままごとだった夢じゃなかった  東京都 藤本 玲未

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/17

読売俳壇・読売歌壇2012/7/16

扇風機組み立てていざ長電話  白玉だんご


俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
プチトマト食べればプチと音のする  東大阪市 篠崎 友子

【宇多喜代子選】
空一枚あれもこれもと梅雨晴間  東松山市 松本 葉子

【正木ゆう子選】
今週は選歌なし。

【小澤 實選】
案の定兄に泣かされ水遊び  新宮市 植松起仕安

燕の子落ちさうなとき羽使ふ  流山市 久我 渓霞

長梅雨や鈴を出られぬ鈴の玉  一宮市 太田 康直


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
隣ゆえ諍ふことを避けたしと控へめに言ふしつかりと言ふ  東松山市 嘉藤小夜子

【小池光選】
裏山の枇杷(びわ)の熟れ実に仲間呼ぶひよどりの声 よろこびの声  常総市 渡辺 守

【栗木京子選】
紫陽花(あじさい)の見やすき位置に介護ベッド移動したれば父の目潤む  羽村市 草間 暁男

【俵万智選】
言いわけの詰まりたる子の極まりて髪撫でらるるときに泣き出す  山口市 岡田 貞義

雨のあと芽ぶくくさぐさ”ナニサマ”と見分けつくまでしばらく伸ばす  東京都 久保田 仁

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/10

読売俳壇・読売歌壇2012/7/10

月曜日が新聞休刊日だったため本日火曜日に掲載されました。
俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
万緑に肺活量の少なさよ  豊橋市 宮部 尚弘

【宇多喜代子選】
銀行のビルの片陰縮みけり  調布市 浅野 文男

【正木ゆう子選】
渋谷駅十万人の更衣  茅ヶ崎市 清水 呑舟

【小澤 實選】
この恋は本物なのか蕗を剝く  美唄市 井口 裕之

箸置きは魚のかたち夏料理  浜松市 岩谷 昭三


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
足裏にもがく泥鰌(どじょう)よしばし待てこの蓮根を抜きあげてから  浜松市 仲村 正男

【小池光選】
火星人サングラスかけ観測す太陽の前通過の地球  富山市 野上富佐子

いつの日に出来なくなるか知りたくて日毎せっせと腕立てを百  城陽市 相原 洋次

【栗木京子選】
人多き道路の端なる自転車は斜めに並び赦し乞ひ居り  大阪市 藤田 耕平

【俵万智選】
愛犬を待たせるごとく玄関に置き帰りには連れてゆく傘  池田市 今西 幹子

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/02

読売俳壇・読売歌壇2012/7/2

山奥の雑木林の彼方よりビバルディ弾くフィドルの聞こゆ  白玉だんご


俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
天の川眺めうとうと老夫婦  東京都 藤井 好

【宇多喜代子選】
教室と違ふ顔ありプールの子  村上市 川村 雄一

【正木ゆう子選】
緑陰のふと濃くなりて晴れてきし  三次市 錦 武志

【小澤 實選】
虫除の覆面したる夜釣人  大津市 西村 洛葉

苔(こけ)の花巨岩の上に神社立つ  桐生市 中村 正人


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
子の指の幼き爪のかたちすらおぼろにうごく線香花火  佐世保市 近藤 福代

【小池光選】
見え透いた嘘の言い訳聞きながら夕日の沈む高速走る  奈良県 増田 福三

【栗木京子選】
求人紙に見入るベンチの若者に翳(かげ)りゆく空大阪の空  吹田市 辻井 康祐

暇なくば返事不要と書きたるに今日も届きぬ長きメールが  立川市 石倉 治郎

【俵万智選】
次々に流れる川の水全て笑って見える君と立つ橋  高島市 宮園佳代美

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/25

読売俳壇・読売歌壇2012/6/25

アラフィフの熟女美魔女が三十人悪女と化して歌うハバネラ  白玉だんご


俳壇より五句選。

【矢島 渚男選】
毛虫這ふ植木の鉢をぐるぐると  赤穂市 徳沢みつえ

【宇多喜代子選】
植木鉢よりも大きな牡丹かな  防府市 森重マスコ

【正木ゆう子選】
郭公の鳴いて嬉しき研修所  前橋市 石井 哲夫

母の日や母を抱きて湯に浸る  福岡市 浜松 八重

【小澤 實選】
帰省子やまず犬小屋の犬に会ふ  銚子市 下谷 梅二


歌壇より五首選。

【岡野弘彦選】
空にのぼる龍そのものぞ雲をよび身をくねらせる黒き竜巻  さいたま市 小平 英治

【小池光選】
美術館出れば上野は緑なり今日もロダンは考えている  国分寺市 森田 進

スーパーに紛れ込みたるてふてふは野菜の棚をゆきもどりする  清瀬市 石井 孝

【栗木京子選】
渦巻のでっかいでで虫這わせたし紫陽花(あじさい)ゆっくり色づき始む  静岡市 伊藤 清子

【俵万智選】
咲ききらぬ牡丹ながく残りをり七日を生きし子の面ゑがく  佐倉市 斎藤 愛子

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)