« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の1件の記事

2016/02/18

「塔」16年2月号掲載歌

欠詠を決めた直後に欠詠に関する歌が次々と湧く

「塔」に入り十一年目の初欠詠を決めたこころはすぐ静もりて

パソコンの送信ボタンは封筒をポストに落とすひと押しに似る

子が育ち卒業したる学校の体操服は部屋着と変わる

使い捨てマスクの箱の大小が玄関に並ぶ初霜の朝


**************************


前回1月号(出詠締切は昨年10月)は入会初の欠詠となりました。
ゼロではないけど一ヶ月に所定数の短歌がとうとう出なかった。
そして自分の名が本当にどこにもない「塔」が届いた夜
パラ読みしてみたら、逆に他の歌人の多さ多彩さに意識が向き。

そして読めば詠めるものです。刺激されてか次々と七五調が浮かんでくる。
夢中でメモしながらページも繰る、不思議な数時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »