« 「塔」15年05月号掲載歌【月詠】 | トップページ | 「塔」15年07月号掲載歌 »

2015/06/14

「塔」15年06月号掲載歌

誰にでもできるは嘘と打楽器の師はレッスンの合間も練習

「叩いて」はならぬ意識に楕円状軌道を浮かべその点を追い

「響かせる」ことが大切何にでも常に垂直に自然に当てて

心地よし耳に聞こえるだけでなく手から身体へ伝わる響き

曲中の一音だけのシンバルにプロ奏者でも足すくむとう

大ばちでバスドラム打ち全身で止める最後の静寂のため

|

« 「塔」15年05月号掲載歌【月詠】 | トップページ | 「塔」15年07月号掲載歌 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/61740305

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」15年06月号掲載歌:

« 「塔」15年05月号掲載歌【月詠】 | トップページ | 「塔」15年07月号掲載歌 »