« 「塔」13年06月号掲載歌 | トップページ | 「塔」13年08月号掲載歌 »

2013/07/13

「塔」13年07月号掲載歌

前髪をいじくりながら春一番少女四人は横並びにて

父母会のスーツ脱ぎ捨て野良着にて日没前の植え付け急ぐ

飽きたとは言い出せぬまま朝餉にて稽古の進みを父に訊かれぬ

昭和時代荒物屋文具屋のみの街にファンシーショップはまばゆかりけり

ひそひ草(そう)使いてみたし会合の場であれに見ゆる人との私語に


五首めの初句はFF5に登場するアイテム名。詞書をつけたのだけど
さすがに歌そのものより長くなってたせいか、それは載らなかった。

|

« 「塔」13年06月号掲載歌 | トップページ | 「塔」13年08月号掲載歌 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/57782018

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」13年07月号掲載歌:

« 「塔」13年06月号掲載歌 | トップページ | 「塔」13年08月号掲載歌 »