« 読売俳壇・読売歌壇2012/7/10 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/7/16 »

2012/07/15

「塔」12年07月号掲載歌

合唱団わざわざ駅で集まりて歩くは皆の親睦のため

四隅にてパート練習隣り合う二声の呼吸がときに揃いて

あけ放つこと許されぬ音楽室の窓曇りたり皆の響きで

休憩に低く流るる原曲に和音が足され踊る者さえ

ぞろぞろと駅まで歩き散るまでに袋のど飴回されており

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

|

« 読売俳壇・読売歌壇2012/7/10 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/7/16 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/55196511

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」12年07月号掲載歌:

« 読売俳壇・読売歌壇2012/7/10 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/7/16 »