« 読売俳壇・読売歌壇2012/6/12 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/6/18 »

2012/06/13

手首抜いても途切れさせない

ピアノレッスンのおぼえがきです。

ハノン2周目。#30 マル。次は#31。

一小節16音のまとまりを意識して手首をゆるめてみたところ
逆に【途切れて聴こえます。リズムを崩さないように】うう。
でも数回の通し弾きでマル。次の#31は極端に音が跳ぶやつだ(汗)
指がだいぶ開くようになってきたので、何度(何音)跳ぶのか
間隔感覚(?)を意識して、次は弾いてみよう。

ツェルニー100番。#16 引き続き。

片手弾きはまぁまぁになったけど両手になると途端に混乱。
これは弾き込むしかない。

そして7月本番の発表会「みじかいおはなし」はというと・・・

家で練習してきたペダル操作はなんとか合格レベルらしい。
やわらかく弾くべきところもだいぶ柔らかくなってきたらしい。
あとは【全体の強弱の流れをとらえて弾くようにしましょう】
【まだ指が覚えきれていない部分をしっかり身につけましょう】

つまり曲の表情が出せるようになるまで、もっと弾き込め、と。
毎日時間を見つけて、もっともっと練習しよう。

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

|

« 読売俳壇・読売歌壇2012/6/12 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/6/18 »

ピアノのおけいこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/54950797

この記事へのトラックバック一覧です: 手首抜いても途切れさせない:

« 読売俳壇・読売歌壇2012/6/12 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/6/18 »