« 読売俳壇・読売歌壇2012/2/20 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/2/27 »

2012/02/24

カバレフスキーはゲーム音楽?

二月二回めのピアノレッスン終了。


ハノン2周目。#22 マル。次は#23。

【一小節が、十六分音符4個×4で構成されています。途中
左右の指が乱れたとしても、各小節最初の音と九番目の音で
そろえ直して、演奏を立て直すとよいでしょう】

ちょうど一年前にも同じところをレッスンしていたから
先生のマルと、書き込まれた日付(初めて課題に出された日付)
が重なって見づらくなってきた。ハノンも指の練習曲とはいえ
レッスンのたびに先生との違いを思い知る。もっと練習せねば。

*****************************

ツェルニー100番。#11 なんとかマル。次の#12は引き続き。

小節をまたぐスラー → スタッカート の部分(9、17小節)。
小節最初=スタッカートの最後の音は鍵盤を押しすぎず軽く。
左手和音は手首の使い方。「手首で鍵盤を押す(↓)」音と
「手首を上げつつ同時に指先で軽く鍵盤に触れて抜く(↑)」
音とが交互にくるので、力加減に注意してスタッカートを弾く。


ブルグミューラー25。#15「バラード」いちおうマル。

【和音連打はもっと弱く<神秘的に>】←と楽譜に書いてある
【57小節目の最初の和音と左手は、強くしすぎないでピアノで】
他にもいっぱい注意はされたけど【指摘した箇所はその場で
修正できていますから】となんとかマルをくださった。


次は・・・【そろそろ夏の発表会の曲を決めてしまいましょう】

というわけで持ち込んだ手持ちの楽譜(=昔、高校まで習ってた
白玉姉の本だから古い!ブルグの裏表紙に定価<150円>とか)
をいくつか先生に見せて、候補曲を検討。去年はバッハだったけど
【続けてバッハもなんですから、このカバレフスキーは?】

一昨年ソナチネを弾いた当時も候補に検討したカバレフスキーの
『こどものためのピアノ小曲集』。そのときに全曲音源を聴いて
好みや印象をわたしなりにメモした紙が、まだはさまっていた。
30曲を4グループに分けて「簡単そう、練習用?」「速すぎ!」
「弾けるかもだが好みじゃない」「うん、弾けそうだし好き♪」

そのメモは確かにわたしの字で、好みの曲が#8「こもりうた」、
#16「バラード」、#20「みじかいおはなし」、そして
#22「ものがたり」、と書いてある。どんな曲でしたっけ?

先生は楽譜を見てこの四曲のさわりをすっと弾いてくださり
【確かに、この#16などちょっとゲーム音楽っぽいですね】
ハイ、確かにこーいう和音進行好きですねぇ♪先生によれば
#8は【いい曲だけど短いので、別の小品とセットで弾くなら】
#22は【まだちょっと難しい部分があるかもしれません】
よって#16か#20の【白玉さんのお好きなほうでいいですよ】

さらに先生の試奏を聴き【#16は右手主旋律・左手和音ですが、
左手の音を大きくせずに保って弾くのが白玉さんには課題かも。
わたしは#20のが好みですね】とのお言葉もあり、今回は結局
#20「みじかいおはなし」全2ページ37小節、と決定した。

右手がレガート続きのゆったりとした主旋律、左手はずっと
一小節八音のアルペジオ、プラスペダル。でも弾けそうかな?
次回のブルグの曲は提示されなかったので、まずは発表会用の
「みじかいおはなし」をとにかく弾いてくる、ことになった。

三年目の今回から、初めてわたしにもペダルが解禁される。
【というか、もう必ずペダルつきの曲にしていただきます】
候補二曲ともペダル操作がもちろん楽譜に書かれていて、
しかも同じ操作を繰り返す部分がけっこうあったから
【初めてなら、かえって慣れやすいかもしれませんね】ふむ。

【白玉さんは弾いてて自信がないとだんだん鍵盤に顔が近く
なって前のめりになる傾向がありますが、】う、確かに(汗)
【この曲はどちらかといえばそっくりかえって自信に満ちた
感じで、ゆったり弾くと似合う曲なので、弾き込みましょう】

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

|

« 読売俳壇・読売歌壇2012/2/20 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/2/27 »

ピアノのおけいこ」カテゴリの記事

コメント

をを楽譜まで買っていただいたとは(恐縮)
音源が手元にないのでアマゾンの部分視聴でさわりをチェック。
14番は二年前のメモでは「わたしには速すぎるテンポ?」と
あったけど、今もあまり印象は変わっていませんでした。
20番の左手、確かにだんだんアルペジオが下がってる・・・
譜読み、がんばります!

投稿: 白玉だんご | 2012/03/12 17:00

カバレフスキー『こどものためのピアノ小曲集』気になって、今日買ってきました。
うろ覚えで「14番と16番と20番だったかな」とちょっと弾いてみました。
14番の「スケルツォ」がゲーム音楽みたいだったけど、違ってましたね・・。
ジャンルは近現代で、耳慣れた古典派やロマン派とは異なる曲想だけど
その違うところが魅力ですね。
20番は左手が一音ずつ階段状に下降していって、おもしろい!
練習、がんばってくださ~い!

投稿: 夏衣 | 2012/03/11 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/54067460

この記事へのトラックバック一覧です: カバレフスキーはゲーム音楽?:

« 読売俳壇・読売歌壇2012/2/20 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/2/27 »