« 読売俳壇・読売歌壇2012/2/14 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/2/20 »

2012/02/17

【卵巣膿腫その2】ふくぶ・ぼうまんかん

その後M医師による入院説明・事前検査結果説明もすでに済み、
入院を待つばかりとなってはや10日。といっても入院・手術は
さらに二週間も先だから、荷物の支度などをのんびりと進行中。

*****************************

【入院準備の途中経過】

「前開きひざ下までのパジャマ2枚」は実家から浴衣を借り、
入院後半用のパジャマもこれを機会に久々に新調。
下着や日用品は直前にパッキングすればよさそうだし、
花粉の常用薬も念のため追加を処方してもらって持ち込もう。
ドクターによれば「入院期間後半は暇で暇で困りますよー」
だそうなので、文庫本やかぎ針編みの材料もコンパクトに準備。

あとは携帯ゲーム機の持ち込みが許可されるか否か!
・・・いやこれはけっこう重要な問題なのアタシには(汗)
入院説明してくれた看護士さんと会計職員さんに訊ねたら
「それは当日ナースステーションにご確認ください」
とのことで、でもこの程度の用件を電話で確認するのも
なんだし・・・というわけで、当日一応持ち込んでみて、
不許可だったら白玉ダンナに持ち帰ってもらう、ことにした。

母の留守中に娘たちの狩りがまた進んでたらくやしいなぁ。
って、自分の身体のことなのに心配ってソレかよ!!

*****************************

【2012/2/17現在の体調】

えっと、日常生活はホントになんにも変わらないんです。
合唱団の練習行くし自転車乗るし、ジムで体力づくりも継続。
腹筋運動はちょっときついのでメニューを間引きしたけど
できないわけじゃない。だから妊娠中とも違うのだけど、
でもおなかだけは、妊娠中みたいに固くて重たーい!

妊娠当時、下腹の下に両手のひらを上向きにして当てると、
初期は五本指がほとんど見えていたのに臨月には親指まで
見えなくなった。そのくらいおなかがふくらんで驚いたもの。

今回のは妊娠じゃないけれど、似たような感じだと思う。
妊娠中期(5-6ヶ月)には中指以降が見えなくなっていた、
ちょうどそんな程度に今の膿腫持ちのおなかがふくれている。
もちろん胎動などなく、ただの「かたまりを抱えたおなか」。
わたしの体格は以前から「背中すっきりおなかぽっこり」だから
肥満だろうとずっと思ってて、それで発見が遅れて現在16cm。
(テオクレニナラナイウチニワカッテ、ホントウニヨカッタヨ)

こーいうのが「自覚症状:腹部膨満感」なのだと今回学習した。
せっかくおなか以外はサイズダウンが進んでいるのだから、
早く問題のパーツを切ってもらって、心身ともに身軽になりたい。

*****************************

【ドクターの事前説明】

そうそう、忘れないうちに記録しとこう。
ドクターによる入院中の処置などについての話。

*入院当日、家族と一緒に病状説明を受ける。

*翌日の手術中は家族に待機していてもらう。

*おなかの傷は腹腔鏡手術の場合左右に小さいのが二カ所、
あともしかしたら今回の摘出物が大きいため「取り出すために
中央に別に、2cmほど開口をする場合がありますのでご了承を」

*摘出した臓器は「ナマモノのため」病理検査に直行だそうで
(麻酔で眠っている)わたし自身は見ることができない。
ただし立ち会う家族(白玉ダンナ)には見せるのだそうで、
「そのときに撮影機材をお持ちになって撮る方もいますので
もし見たい場合は、ご家族に撮影しておいてもらってください」

*血栓症(エコノミークラス症候群)予防のため、手術後は
加圧ストッキングのようなものを足に着用する。さらに
両足にマッサージ機のようなものを装着することになるとのこと。

*手術翌日歩行が可能になったなら「最初の歩行は看護士が
付き添いますが、その後は<どんどん歩いていただきます>」!

以上はわたしの言葉での記述だけど、大切な説明事項は
同意書として明文化され、すでに手元に何枚も渡されている。
当日までに再度しっかり読んで、全部サインをしとかねば。

*****************************

ともあれ、あとは完治まで風邪をひかないよう体調を整えて、
入院までに破裂やらで緊急手術にならないよう、祈るばかりだな。

そうそう、手術当日と翌日だけは「ナースによる経過観察のため」
病室が相部屋ではなく差額個室になる。てなことも了解しつつ
費用説明も受けてきた。来年は医療費還付申告、できるのか否か?

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

|

« 読売俳壇・読売歌壇2012/2/14 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/2/20 »

アラフィフ vs. 卵巣膿腫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/54004123

この記事へのトラックバック一覧です: 【卵巣膿腫その2】ふくぶ・ぼうまんかん:

« 読売俳壇・読売歌壇2012/2/14 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2012/2/20 »