« 信号が「うすい」 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2011/10/17 »

2011/10/11

「塔」11年10月号掲載歌

ブックオフめぐりの好きな十三歳が神保町は茶色いと言う

寺なんてどれも同じとぼやく子を鎌倉校外学習に出す

七人掛けの電車の席で七人中六人が持つ携帯電話

七夕に婚姻届出したとう若き二人は靴までまぶし

一群れが軒下に待つ屋内に惑う燕の一羽を案じ


一首め三句、原稿の「十三が」に「歳」が追加されていました。
数詞だけで年齢のことだと<この歌の場合は>通じなかった、
という選者からのメッセージだと受け止めました。

Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

|

« 信号が「うすい」 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2011/10/17 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/52964748

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」11年10月号掲載歌:

« 信号が「うすい」 | トップページ | 読売俳壇・読売歌壇2011/10/17 »