« 『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の価格 | トップページ | 『デザインあ』 »

2011/06/23

再放送に映る東北

録画しっぱなしだった市原悦子さん主演の二時間ドラマ
おばさんデカ・桜乙女の事件帖 ファイナル』を見た。
初回放映は2007年9月26日、再放送は今年の1月15日。

内容は今回はパス。実は食品偽装だかを扱ったストーリーよりも、
捜査で刑事たちが宮城・松島を訪れるシーンに見入ってしまった。

ローカル線の車窓からの美しい海岸沿いの景色。ホーム一本だけの
小さな陸前富山(りくぜんとみやま)駅。そこから少し歩くと、
ゲストキャラの実家として登場したカキ養殖家の作業風景。
そして松島周遊の遊覧船上で発生した人質事件を追う白い船団。
船着き場に警察関係者が集結した、クライマックスの銃撃戦。

そう、これらはすべて、震災前に撮影・放映されたものなのだ。
松島も、3月11日以降はこの映像とは全く違う光景になっている。
それを思うだけでも、一日も早い復興を願わずにはいられない。

ついでながら、間にはさまるCMも今見ると「震災前モード」。
尾瀬環境保護への尽力をアピールする東京電力のイメージCM、
再放送当時まだあったエコカー減税を盛り上げる、クルマのCM。
一回だけACの「こんにちワン、おはよウナギ」も混じってて苦笑。
この当時は春にあんなに流されるとは、想定されていなかったろう。

|

« 『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の価格 | トップページ | 『デザインあ』 »

映像・音楽・コミック・活字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/52018078

この記事へのトラックバック一覧です: 再放送に映る東北:

« 『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の価格 | トップページ | 『デザインあ』 »