« かじかむ季節 | トップページ | 前夜 »

2010/01/18

「塔」10年01月号掲載歌

通る子に声かけ元気にあいさつを返すか否かでその親思う

女教師はまる子の母の「あんたぁ」を真似せぬよう子にテレビを禁ず

運動会閉会式の歓声の聞こゆ駐車場当番われに

わが髪を洗う男性美容師のたなすえいかに恋人に触る

ロングヘアにヘッドランプを着けて子は卑弥呼のごとく夜の庭に立つ

宿題の観察終えた小六と二階から見るかはたれの月

|

« かじかむ季節 | トップページ | 前夜 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/47324072

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」10年01月号掲載歌:

« かじかむ季節 | トップページ | 前夜 »