« 浅蜊とキャラと遊園地 | トップページ | 夏休み突入 »

2008/07/10

「塔」08年07月号掲載歌

不思議なり振り込め詐欺に被害者のむすめいもうとおばは稀なり

読み忘れたる人生相談目に入りて靴に詰むるを後回しにす

八歳の疑問ドラマの画面にはなぜ見えぬのかカメラ持つ人

読む本に陽を当てぬよう諭されて子は天道に尻を向けおり

CO2を覚え初めたる十歳もいずれ知るべし亀の甲地獄


15日発行とあるが、今月も順調に「塔」最新号が届いた。
自分の詠草も、最近は(20日締切ではあるが)毎月上旬には
送るようになった。(10首揃い次第・・の歌数は情けないケド)

読まねばならない他人の作品群に、時におぼれそうになるが、
短歌の海で、わたしは何が出来るのだろう。

|

« 浅蜊とキャラと遊園地 | トップページ | 夏休み突入 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/41795295

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」08年07月号掲載歌:

« 浅蜊とキャラと遊園地 | トップページ | 夏休み突入 »