« 病院で待つということ | トップページ | 「塔」07年09月号<月集>10首選 »

2007/09/12

「塔」07年09月号掲載歌

白髪の職人も若き棟梁と並びて美しく煉瓦積みゆく

わが夫と西の隣のご主人が隣家の居間で二時間話す

園芸の好きな隣の奥様が昼前だけの陰も疎むとう

菓子を添えて茶を出す ひとり鉄柱の跡を仕上ぐる職人頭に

庭家具に塗りしペンキの養生が最初で最後のカーポートの仕事


今月から「塔」はクロネコメール便での発送になった。
うちの場合到着まで2日かかったから、今までの第三種郵便と
日数は変わらないらしい。でも投函時刻は不安定になったかも?

それはともかく、今月も各選者襴15首選にチャレンジの予定。
目標は一日一欄、10日以内には発表。やったからといって
読んでくれる人が居るとは限らない、孤独な作業だ。でも
到着後早いうちに「塔」全体に目を通すのは、とても勉強になる。

|

« 病院で待つということ | トップページ | 「塔」07年09月号<月集>10首選 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/16428412

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」07年09月号掲載歌:

« 病院で待つということ | トップページ | 「塔」07年09月号<月集>10首選 »