« 人は組織なり | トップページ | 造園工事着々 »

2007/05/18

「塔」07年05月号選外歌より

あと何度爪を切らさむ母われに今年ティーンとなるおみなごは

キャラクターを真似て漫画家になるという子に金柑の写生を試す

十首中選外になった歌の一部。(手元の投稿歌控えより)
今読み返すと「ティーン」「キャラクター」といったカタカナ語が
歌の中でうまく生きていないのが、選外の理由だったのでは。

一首目では子が「今は九歳=今年の誕生日で十歳になる=
今年ティーンになる」と安易な語の置き換えをしてしまったし、
二首目は「キャラクターの真似描きができた程度で将来は
漫画家になる!と言い出した娘に、その辺の静物(金柑の実)を
スケッチさせて、絵の難しさを伝えようとした」情景だったが
これまた歌の中でうまく伝えきれていない。

さて、それぞれどのように直せばおさまるか。試行錯誤は続く。

|

« 人は組織なり | トップページ | 造園工事着々 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

どんな方でしょうの件ですが、顔はご存知かどうかわかりませんが土居まさるに似ている
面白くてぶっとびな人間です(笑)

投稿: BB | 2007/06/10 06:58

うわー催促いただいちゃいました(汗)
ただいま手元の歌集類をひっくり返していますので(大汗)
BBさんの五首選はどれも素敵なお歌ですね。
お目にかかった事はない?と思いますが
わたしにコメントくださるなんて、どんな方なのでしょう。

投稿: 白玉だんご | 2007/06/10 01:43

そろそろ、宿題はできましたでせうか?

投稿: BB | 2007/06/09 06:21

わたしの5首は
革命家作詞家に凭りかかられてすこしづつ液化してゆくピアノ 塚本
「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの 俵
たどきなき恋ふるを君の許すべし黙契は身をきよくあらしむ       上田
声しぼる蝉は背後に翳りつつ鎮石のごとく手紙もちゆく     山中
さだかならぬ思考のまにまわがうしろひそかに雪は降りつづくらし 高安

かなり個性派ぞろいですがいかがでしょう?

投稿: BB | 2007/06/02 21:10

ちょっと範囲が広すぎましたので
現代歌人で5首お願いします。

投稿: BB | 2007/05/20 15:00

BBさんおはようございます。
・・・難しい質問をいただいちゃいました(汗)
短歌の大海の浜辺で、やっと片足ぱたぱたしている
程度ですので、自分の好みもまだなんとなくしか
判らないんです。まして一首を選ぶとなると。

以前ネット企画の「短歌バトン」で同じ質問があって、
そのときは与謝野晶子を挙げましたが、引いた歌が:

君がため菜摘み米とぎ冬の日は井縄の白く凍りたる家

・・・晶子にしては地味な、生活感あふれる歌です。
またうまくまとまったら書きますので、すみませんが
気長にお待ちいただけますか?

投稿: 白玉だんご | 2007/05/20 07:57

だんごさんおはようございます、
ところで団子さんの好きな近代または現代の短歌著名人は誰ですか?その一首を選んでください。

投稿: BB | 2007/05/20 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/15114537

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」07年05月号選外歌より:

» 金柑 といえば [金柑?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007/06/01 13:15

« 人は組織なり | トップページ | 造園工事着々 »