« 呼ぶか出向くか | トップページ | バナナハンガー »

2007/04/27

痛恨の3センチ

引っ越して以来こどもたちが積極的に外遊びするようになり
どろんこ汚れの洗濯も増えた。親としてはうれしい悲鳴。
ただし!こんなに毎日後悔するとは思っていなかった点が。
着工前にもっと真面目に考えれば良かった。シンクの高さ。

キッチン調理台の高さは日本で標準とされている85cm。
洗面室のINAXピアラも製品通りの高さに据えてもらった。
だけどどっちも改良で、シンクは大きく、深くなっている。
シンクの底に両手をついて力を入れると、低すぎるのだ。

食器洗い中、水を張ったタライの底のおはしを拾うとき。
洗面台で靴下や袖のどろ汚れを、洗濯板で落とすとき。
腰が垂直からほんの5度ほど前傾してしまう。そのまま
少し長く作業を続けると、微妙に腰が痛くなってしまう。

身長150cmのわたしがこうだから、165cmの白玉ダンナは
朝の洗顔のときなんか、もっと腰が不安定になっているかも。
週末のキッチンでまな板に向かうときも、腰を直立させたい
かも。水回りで前かがみにならないで済むのなら、ぜったい
そのほうが楽だと思う。ハワイのコンドミ(マンション)の
キッチンは、ヒールのつっかけが要るほど高さがあった。
95cmくらいかな?在住当時は高すぎる!と思っていたけど、
今考えると夫婦とも腰がまっすぐ使えて、とても楽だった。

そういえば、本でも読んだ。上田 康允さんのだ。


(成美堂出版、2005年)

なのにわたしたちは、この情報を、素通りしていた。

高すぎたら靴で調節すればいい。でも低すぎたら、対策は無い。

ああ、キッチンはあと3cm、洗面台もあと5cm、高さを
上げてもらっておけば良かったなぁ。5度の姿勢で日々痛感。

|

« 呼ぶか出向くか | トップページ | バナナハンガー »

おりがみのいろ(設備の使用感)」カテゴリの記事

おりがみのかど(家作りのポイント)」カテゴリの記事

おりがみのきず(新居の想定外)」カテゴリの記事

コメント

シンクの深さは、データ的には実はよく知らないんですが
使う人の腕の長さや、靴の高さなどが変動ファクターかと。
ショールームで標準の高さの洗面台を見て、スリッパなら
スリッパはいてシンクの底で靴下洗いする姿勢でもやってみて、
ご自分の場合を判断すればよいのでは(うちも現物は見たのにな)
あとは施工で全体の高さを上げ底調整してもらえるか、ですね。

ピアラは工務店の標準装備でした。スロップシンク兼用の形で
周囲にモノが置けて便利です♪うちは洗濯機横のメイン洗面台が
これ、二階のほうがゲスト兼用なので、黒大理石調の凝ったボウルを
造作してもらいました。

投稿: 白玉だんご | 2007/04/28 12:16

シンクの深さって以前と比べると深いんですか? 知りませんでした。うちはどうなんだろう…。私もキッチンは86cmを予定してますが、シンクの深さまではノーチェック。コンロに水を張ったお鍋をかけるときは低いほうがいいと思ってますが、どうでしょう?

洗面台ピアラなんですね! カタログで見てほれぼれしてます。デザインがいいですよねー。1階の手洗いはピアラにしようか造作にしようか悩んでます(うちの主洗面台は2階)。洗面台も今や標準は高さ80cm(身長165cmの方にオススメとTOTOのカタログにありました)。それでも低く感じますか…。私の欲しいタカラの洗面台はオプションで80cm。現在のコーポの70cmよりはましだと思ってたんだけど。うーむ。

投稿: 夏衣 | 2007/04/27 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/14860500

この記事へのトラックバック一覧です: 痛恨の3センチ:

» ミカド | ミカドのシステムキッチン情報 [気になる情報 放送局]
ミカドシステムキッチンはその名の通り、株式会社ミカドが作っているシステムキッチンで、高い人気を集めています。「キッチンを見ればその家がわかる」とも言われ、キッチンは単に料理をするだけの...... [続きを読む]

受信: 2007/05/05 20:55

« 呼ぶか出向くか | トップページ | バナナハンガー »