« 足して2で割る | トップページ | 臨戦態勢 »

2006/12/16

「塔」06年12月号掲載歌

同業の他社窓口ににこやかに無理難題と知りながら言う

連用形動詞を連ね七歳はバタ足クラスを母に語りき

駐車場の壁の表示を見て八歳「Gはぐるっと回るやじるし」

おみなごは乳房生れしを喜びてペンギンのごとく腕ぱたつかす

NHK歌壇に採用された気で歌を五行に書き直したり


活字になってから気づいたが、「NHK歌壇」は番組名が変わって
「NHK短歌」になったんだった・・・誤植訂正依頼を出すべきか?(汗)

なお、本号では本間温子さんが、10月号掲載の拙作を
選歌欄評にとりあげてくださいました。ありがとうございます。

本心は子守りなどせず水面に浮きてくつろぎたき夫ならん

|

« 足して2で割る | トップページ | 臨戦態勢 »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/13083837

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」06年12月号掲載歌:

« 足して2で割る | トップページ | 臨戦態勢 »