« 書類続々 | トップページ | おだやかに生きる »

2006/08/13

「塔」06年08月号掲載歌

SMAPはポップス論など書かぬのにうたびとは何故論を請わるる

にこやかな小池百合子に思い出す官吏であれば雅子妃は今

きびきびと声響かせて地下鉄の女性車掌の手袋白し

秒針より遅きリズムでつぁくつぁくと輪切り胡瓜を食むかたつむり

お行儀の悪き隣席の子を見る子見て見ぬふりの意味を学びき

外されたる鐘はいずこへ山間に錆びたる小さき火の見やぐらの

姉の背が母に似て見ゆ散策の数年ぶりの鎌倉は雨

|

« 書類続々 | トップページ | おだやかに生きる »

短歌「塔」など自作掲載関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/11409929

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔」06年08月号掲載歌:

« 書類続々 | トップページ | おだやかに生きる »