« 題詠マラソン 025:泳~028:母 | トップページ | 白玉的鑑賞マラソン、スタートします »

2005/03/11

インフルエンザより辛い風邪

くちびるを富士山にしておさなごは薬の粉を苦そうに飲む

次女が今週はじめに熱を出し、四日間も幼稚園を休んでいる。食欲もあるし他の症状が見られないのに、37度~38度台の熱が下がらない。近所で流行っているという腹痛風邪とも違うようだし、重症と呼ぶには中途半端な、でも元気と呼ぶには程遠い発熱。

小児科医でインフルエンザの検査をしてもらった結果は「陰性」。つまりインフルエンザには効くという特効薬もない、ただの風邪なのだ。よく休ませ、水分と栄養を取らせ、熱が下がるのをひたすら待つしかない。

医院や薬局の待合室で、ぐったりとママによりかかる小さい身体。「テレビも本もくたびれるから見たくない」という彼女の姿は不憫でならない。やかましくてもいい、早く元気になって飛び回る姿を見せてほしいと、リビングの静かな寝息を聞きながら祈る白玉ママであった。

|

« 題詠マラソン 025:泳~028:母 | トップページ | 白玉的鑑賞マラソン、スタートします »

こどもとともに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84660/3256081

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザより辛い風邪:

« 題詠マラソン 025:泳~028:母 | トップページ | 白玉的鑑賞マラソン、スタートします »